薬事法

私は、最近まで知らなかったことがある。
カラーコンタクトって危ないってこと。これを知ってて使っている人はどれ位いるのかな。
まず基本的に、カラーコンタクトは薬事法規制対象になってること。
いままでカラコンというと雑貨屋さんで気軽に購入できるものだった。だけど、医師の診断も無く購入できるのだから
使用方法も雑になり、いろいろトラブルもでてくる。この量が大量だった。
カラコンでも、視力補正用カラ―コンタクトレンズは高度管理医療機器なんて特別なもので。
ただ単に色がついているオシャレに使うものはソフトコンタクトレンズでしか存在しない為、雑貨扱いだったようだ。
しかし2009年に薬事法が改正されて、視力補正用でなくても高度管理医療機器となり、医師の処方箋が無いと購入できなくなった。

いままで、簡単に手に入りおしゃれの一環、アクセサリー感覚で使っていた女子高生には驚きの変化。

ちなみに、私は使用しててトラブルはでななかったが、角膜炎から始まりひどいと角膜上皮剥離なんてこともある。
これは、多くは手入れ不足から多くはきている。
ちゃんと決まった液剤に着け、そして自分の眼球も消毒しないとあとで大変なことになるのだ。

いままで、雑貨で販売していたのが考えるとこわい。

ちゃんと安易に扱うと危ないという事を、使う人も、販売する人も知っているべきだと私は思う。
自分でいろいろ調べてみてわかったことがたくさんあったことが恐ろしく思えたけど、ちゃんと管理はしないとね。

この記事は薬事法に投稿されました タグ: , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>